投資信託の買い方は、買いたい時にその都度買う「スポット購入」と、決めた期日に購入する「積み立て投資」の2つになります。

スポット購入は、売買のタイミングや投入する金額など、初めの時点では手を出すには、リスクが発生する可能性が高いかなあと個人的には思うので、選択肢としては無しとします。

積立投資は、イメージが一番近く連想しやすいのが、財形貯蓄!

決められた金額、決められた日にちに引き落としされていくあの財形貯蓄です。

ただし、若干違うのが自分で商品を決めて、設定の金額を決めれるということ。

SBI証券を例にとりますと、500円からの積み立てが可能です。

他の証券会社でも、もちろんありますから安心してください。

開設した証券口座の商品を見ていただければわかるので、ここでは他の証券会社は割愛します。

後日特集は組もうと思っています。

なぜ、積立投資がベターかというと・・・

①まとまった資金が無くても始められ、少額での長期運用が可能。

②自分で購入金額が設定でき、生活に負担がかからないよう調整が出来る。

③TOPIX等の統計をあまり気にしなくても良い(株価等を張り付いてみる必要がない)。

④配分やリバランスの調整がしやすい。

こんなところでしょうか・・・

始めるに当たっては、「積立投資」がベストだということを覚えておいていただければOKかなと思います。

以上、BOTSでした。