投資信託は、株式・債券・不動産など色々な金融商品で構成されていることは、以前の項で説明しました。

組み合わせのパターンによって、ローリスク・ローリターンな商品になったり、ハイリスク・ハイリターンな商品になったりします。

株式(リスク大・リターン大)

不動産投資(リスク中・リターン中)

債券(リスク小・リターン小)

預貯金(リスク最小・リターン最小)

上記は、リスクとリターンをざっと並べたものです。

目が行ってしまうと思うのですが、リターンが大きい株式はやはり、リスクも大きい!

リスクが大きいとコントロールをするのが難しく、どちらかというと賭博感が強くなってしまう。

リターンを優先的に考えるよりも、リスクコントロールを考える方が、長期間投資をする(予定の)投資信託においては重要だと思っています。

そう考えると、不動産投資(REIT)もしくは債券にウェイトを置いた方がベストでしょう!

1つの投資信託の商品は、複数の項目で構成されているので、中身を見て、自分に合った商品を探しましょう!

短期間でリターンを得たいのであれば「株式」、長期間でリターンを得たいのならば「債券」というように自分の将来目標において到達できる最善の「主」となる商品を選びましょう!

以上、BOTSでした。