さてさて、前回は投資信託の基本的なファクターの「株式」について、簡単に説明しました。

今日は、株式と同じくらい重要な「債券」について説明します。

債券とは、「国や会社がお金を借りるときに発行する証券」のことです。

相手が国の場合は「国債」、会社の場合は「社債」といいます。

債券を買うというのは、一口にいうと債券の発行先に対してお金を貸してあげることになります。

国債とかは、比較的身近な言葉なので聞いたことあるんじゃないかなあと思います。

ニュースなんかでは、「国債の発行を~・・・」とかの文言をよく聞きますね。

もちろん、無料でお金を貸してあげるわけではなく、「利子」がもらえますし、満期がきたら元本を返してもらえます。

そのような点で、大元の国が利子や元本を保証しているので安全性が高いと言われています。

「利子」の基準となる「金利」は、債券が発行されるときにあらかじめ決められています。

金利は、以前の項で解説しています。

一般的に信用力がない債券ほど、みんなお金を貸したがらないので、金利が高くなる傾向にあります。

そりゃそうですよね・・・

借り手が少なければ、金利を上げて、魅力度を増すというイメージですね。

特に、元本割れする可能性の高い債券は信用力が低いということです。

今日は、債券のお話をしました。

以上、BOTSでした。