ここで、気になるのが、投資信託で利益がどうやって出ているかですが・・・

①値上がり益・・・投資信託を購入した時の金額より、高く売ることが出来ればその差額分が利益となります。

(examplle)基準価格が10,000円の時に10,000円購入→基準価格が20,000円の時に売ると、差額10,000円が値上がり益(税金・手数料は抜き)になります。

②分配金・・・運用が順調にいき利益が出たときに、その一部を分配金という形で受け取れます。

※利益が出ていない時でも、無理をして分配金を出すことがあります。

これを元本払戻金(特別分配金)といいます。

分配金は、投資信託の儲けから出るものですから、分配金を投資家に支払った分だけ基準価格が下がってしまいます。

(example)10,000円の値上がり益が出た投資信託で、5,000円を分配金として支払えば、その分基準価格は下がります。

まあ、あんまり分配金に意識を集中し過ぎないほうがいいということですね。

ここで、一つ問題が・・・

それは、値上がりした時にしか利益が出ないということです。

上記の例は、極端な例ですが・・・

もちろん下がる時もあるわけです。

その部分に関しては、リスクコントロールが必須なわけです。

リスクコントロールに関しては後日の更新ということで。

以上、BOTSでした。