前回の記事で、少しでも投資信託へのネガティブ感が減ってきましたか?

もし、まだ疑念があるようなら、前回の項をご覧ください。

やはり、間違った情報・不確定な情報を持ったまま開始するものではないと思うので。

今回は、投資信託の仕組みをお話ししたいと思います。

投資信託の仕組みとしては、複数の会社が関わっています。

まずは、「販売会社」・・・投資信託を販売する会社

次に、「運用会社」・・・投資信託を作る会社

最後に、「受託会社」・・・お金を管理する会社

この3社から成立しています。

まずは、販売会社から解説します。

一口で言うと、投資信託を販売している会社です。

例えば、証券会社・銀行・郵便局が該当します。

また、販売会社により金融商品や手数料が違います。

ただし、購入時の手数料や商品数からみても、現在はネット証券が利便性に富んでいるように感じられます。

次に、運用会社です。

運用や投資の配分を決定する専門家がこの仕事を行います。

最後に、受託会社です。

信託銀行が、運用会社の指示を受けて実際の売買や運用・管理をしています。

信託銀行と運用会社が独立することにより、ルールに沿って投資信託は運用されています。

今回は、ザックリ説明だったので、各会社の役割を分かっていて頂ければOKかなと思います。

以上BOTSでした。